ようこそいらっしゃいませ♪営業してたりしてなかったりなブログですがよろしく。

1杯のアールグレイと・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝のめざましテレビで、下北沢に数年ぶりに黒板の“伝言板”登場というニュースをやってました。
若者の“伝言板”の使い方を観てみましょう、みたいな。

伝言板。
今の人って駅の構内にそういうのが存在していたってことも知らない世代なんだよね~。
昔設置されていた伝言板はたしか、黒板に縦の罫線が引かれていて、日にちと時間を記入する箇所があり、そこに待ち合わせ相手に宛てて「太郎へ マックで待ってます」とかなんとか伝言を残すってのが定番だった。
私も実際友達と待ち合わせして遊ぶような“お年頃”になったころには伝言板ってすでに廃れ始めていたように記憶しているんだけれども。

下北沢に設置された伝言板には、罫線は施されていない。
だから、みなさん自由にチョークでメッセージを残してました。
それも、特定の人物に宛ててというのではなくて、下北沢にやってきた人たちみんなに向けてって形が目立ちました。

「検証 下北沢に集まってくる人は何座が多いのか」

12星座をズラッと書き連ねて、まず自分の星座のところに“正”の字で表してゆく。
すると、あっという間にそれぞれの星座名の横に“正”が並んでいきます。
どうもその日の下北訪問者(もしくはこの検証に乗った人)には、みずがめ座が多かったようです。ちなみに私もみずがめ座♪

待ち合わせ相手へのメッセージはまったくなかったみたいですよ。
「あぁ、いいな」と思ったのは、おかしなイタズラを書く人がほとんど居なかったこと。
テレビだから映さなかっただけなのかもしれないけど、観たところでは、その伝言板は下北沢という明るい街のカラーがよく出ていて微笑ましかったです。

もう、黒板なんて私の中では過去の遺物みたいな感覚だったんで、このコーナーを朝見ながら、懐かしい優しい気持ちになりました。
現役の学生さんは「別に」と思うのかもね~。
ずっと前に学生やってたオトナには、キュンと来る“何か”があるんだよ。って、そう感じるのは私だけか?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。