ようこそいらっしゃいませ♪営業してたりしてなかったりなブログですがよろしく。

1杯のアールグレイと・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あぁ、胸がいっぱいでうまく感想書けそうにない。
何度もウルウルしちゃったよ。
ヤバイ。思ってた以上にヤバイです。
アニメになるとまた、こんなにも…あぁぁぁぁぁぁ(マシュマロvv壊れ中←いつもだろ)


桂が橋の上で似蔵と遭遇。
「桂小太郎殿とお見受けする」
「人違いだ…」
「ひとつやりあってもらえんかね~」
似蔵が刀を抜き出す。
ハッと振り向く桂。「貴様、その刀はっ!」
すれ違った形の桂と似蔵。
「あらら、こんなもんかね…」
次の瞬間、プシューッ
桂が!桂が斬られた!桂から鮮血が飛び散る!
グシャッ
桂が地面に倒れちゃったみたい…どうしたらいいの?
原作でもヒィィィッて思ったけど、石田さんの声で動いている桂がこんなことになると、平静ではいられなくなります私。
桂ぁぁぁぁぁぁぁ!
似蔵めぇぇぇぇぇ。

エリーがね、町を探し回るんです。
辻斬りの横行であちこちで死体が発見されて、エリーも野次馬の中に紛れて桂じゃなかろうか!と、表情は変わらなくてもきっと、すごく心配していたはず。
死体が桂ではないとわかると、その場を走り去るエリー。その姿がなんか可愛い。ドタドタと走ってて中のオッサンらしき脛が見えちゃったりして(笑)

エリーは万事屋に訪ねて来ます。
おたおたしちゃってる銀さん神楽新八がすごく可笑しい!和む~。
お茶を出しても、コーヒーを出しても、エリーは何も言わず(いつもだけど)表情も変えることなく(これもいつもだけど)、何を思って万事屋にやってきたのかさっぱり判らない銀さんたち。
いや、桂が居ないんだから気付こうよっ!
途中電話が鳴って、銀さんがひとりで出掛けてしまいます。
え。銀さん…エリーがやってきたってことはもしや、とか思わないんですか。
あ、それとも不吉な予感がしちゃって、それを自分が認めたら本当のことになってしまうかもしれないってのが恐いのか?そうなのか?銀さん。
だからそそくさと出掛けていってしまったのか、なんだそうかぁ、銀さん(いや、誰もそうだとは言ってない)

新八がいちご牛乳をエリーに出すと、エリーが桂とのやりとりを思い出して涙を流すのです。
「エリザベス。武士は質素で素朴なものを食していればよい。いちご牛乳だパフェだと甘ったれた軟弱なものを食していたら、体だけでなく心までもが堕落してしまうぞ?」
あぁ、この「堕落してしまうぞ?」の「…ぞ?」って言い方がすごく好きです石田さん!
エリーと一緒に私の涙腺もダーッと緩んだ。
エリー、あんたが泣くなんて!
それにしても桂、エリーにそんな風に銀さんの話題を出していたんだね~。
桂は大好物の蕎麦を食すたびに、甘党の銀時のことを思い出すのかなとか思ったり。
幼馴染でともに戦ってきた仲間だったんだもんね、今もなお執着するのも無理はないって話だよ。
いや、恋か。恋だよね(腐った考えに溢れているマシュマロvvの脳内。気にしないでね)
エリーが桂のことを思い出している時のBGMがまた、涙を誘う。

万事屋を飛び出した銀さんは、刀鍛冶のところに出向きます。
トンテンカンとやってて銀さんの声が聞えない様子。
「ばーかばーかうんこ」っての、もっとデカイ声で言うのかと思ってたけど。
妖刀紅桜の話を聞いて、
「おいおい、俺にこれから不吉なことが起こったらどうするんですか」とか言ってたっけ銀さん。
そうだよね、不吉なことが起こっちゃってるんだよね(桂があんなことに!そしてこれから銀さんが)

エリーが口の中から取り出した“桂の血染めの小物入れ”がものすごく可愛いんですけど!
それをいつも桂が身につけていたんですかっ。なんですかその、女の子が持っていそうなバッグは(キュン)
それが桂の血で染まってしまっている(涙)
新八が男らしいんですよね!
「もう手遅れかも」ってパネルで語るエリーに喝を入れる新ちゃん、ほんとカッコイイ!
新八に殴られたエリーが吹っ飛ぶ!
地面をゴロゴロゴロッと転がる!
こ、これは…この転がり方は、以前エリーが車に撥ねられた時にも見た。そして笑ったんだよ(え)
アニメはいい。こういう動きがあっていい。
地面に転がったエリーを掴んで「お前が信じないで誰が桂さんを信じるんだよ!」って新八に
「痛ぇな、離せよ、ミンチにすんぞ」
出た!“そのへんにいたオッサン”のエリー出た!
次の瞬間、「すいまっせーん!」と土下座する新八(笑)
血染めの鞄を定春にクンクンとさせて、桂の行方を捜してみる、と神楽ちゃん。
紅桜篇ではこの、神楽ちゃんと新八の桂に対する愛情がいっぱい表現されるんだよね。
神楽、可愛いよ。「きっとヅラは大丈夫アル」って、リーダー!

エリーと新八は辻斬りを探ることに。
もうすっかり新八はエリーのパシリっぽくなってるし(笑)
路地裏で辻斬りが現れるのを待つエリーと新八。
そこへ幕府の人が「こんなところで何してるんだ」と。しかし次の瞬間その人が斬られた!
似蔵が現れた!
新八たちに向かって刀を振りかざしてくる!
エリーが新八を蹴っ飛ばして刀から守ったぁ!(やり方は荒いけどエリーカッコいい)
エリーが危ない!
するとその場にあったポリバケツのふたが刀を吹っ飛ばした。
バケツの中からなんと、銀さんが出てきた!
銀さんは銀さんで、妖刀紅桜の件で辻斬りを探していたのだ。
その辻斬りがあの岡田似蔵だったとは!

「次々と“つわもの”と出くわす。桂といい、アンタといい、この妖刀、私にとっては吉兆を呼ぶらしい」
ここで「桂さん!?」と即座に反応したのは新八だったな。
「桂さんって…アンタ桂さんに何したんだよ!」
銀さんは、きっと桂と聞いて声も出せなかったんだろうな(違う?)
やっとの思いで
「ヅラがお前みたいなただの人殺しに殺られるわけねぇだろ」と。
するとどうだろう!なんと似蔵が懐から取り出したのは、桂の美しい髪の束だよっ!
桂を斬った記念に髪をむしりとって来たという…。
それを見たエリーと新八の驚きを隠せない表情。
「それにしても、あの桂ってのはほんとに男かい?この滑らかな髪…まるで女のような」
銀さんが似蔵を斬りつける!(洞爺湖で、だけど)
「さっきも言っただろ。ヅラはてめぇみたいな雑魚にやられるようなヤツじゃねぇんだよっ!」
銀さんが怒ってる!
ドカーンというより、腹の底から沸々と湧いてくる怒り、みたいな。
似蔵の眼鏡に映った銀さんの顔が、怒りに燃えている!

ところが似蔵の持つ刀は、妖刀紅桜で。
すでに刀ではなく、生き物、いや、化け物と化しているんですよ!
銀さんが追いやられちゃうんだよ~。強い銀さんが…どうしたらいいのぉぉぉ!?
すごっ!橋まで壊しちゃったよ紅桜!
川へと落ちる銀さん。
銀さんの後を追う似蔵。
とうとう洞爺湖が折れてしまう!
そして胸をザックリと斬られてしまった銀さん。
「こりゃ、やべぇな…」
さらに脇腹を刺された?え。銀さん、そりゃ相当ヤバイよ(汗)
橋の上からその様子を目の当たりにし、愕然とする新八。
「後悔しているかい。あの時に俺を殺しておけば、桂もアンタもこんな目には遭わなかったものを。アンタの甘い考えがこうさせたんだよ」
その昔、白夜叉と呼ばれていた銀時と桂と坂本と高杉が攘夷戦争で天人と戦っていたことを、似蔵は知っている。
似蔵は高杉率いる“鬼兵隊”のメンバーだから。
高杉の横にはお前らじゃなく、始めから俺がいればこの国もこんなにまで酷くはならなかったものを…。
それが似蔵の考えらしい。

銀さんが危ない!
新八は抑えるエリーから逃れて、銀さんを救いに行きます。
エリーの真剣を持って。
似蔵の右腕をバサッと斬りおとす!
「あらら~、腕ぇ斬られちゃったよ」って、似蔵、あなた!痛くないのかYO
丁度その時に幕府がやってきて、似蔵は紅桜を拾い上げて逃げていきます。

「銀さんっ!」
ぐったりと倒れこんでいる銀さん…あぁ、銀さんがこんな姿に!
「新八…お前はやれば出来る子だって思ってたよ…」
銀さんのこの言葉に、またまた私は泣いた!
気を失ってしまった銀さん。
ちゃんと新ちゃんと神楽のことをいつも見ていたんだね。
グダグダしていながらも、いつもココって時には強くて優しくて。
こんなボロボロになってもそうして新ちゃんを誉めてあげられるなんて、あなたはどれだけ男前なんですか!
そして、新ちゃん。君はスゴイよ。うん、男だ。カッコイイよ!

定春にクンクンさせていろいろと探っていた神楽。
「定春、ここからヅラの匂いがするアルか」
見ると、港には大きな船が。
バラバラと人が近づいてくる。
身を隠す神楽ですが、その男たちが「また病気が出たか、岡田さんは。どこかの浪人にやられてからこっち大人しくしていたかと思ったら…(コレって銀さんのことでしょ?)桂を殺ったって言い触れ回っていたが、あれもウソじゃなさそうだな。とりあえず船に戻ろうぜ」とか言っているのを耳にします。
船へと潜入することを決意する神楽。
定春には地図を銀さんのところへ持っていくように言い聞かせ、自分だけ船へ!
船にはキセルをスパーッと吸っている高杉が。
「お前、この船の船員か。頭に穴開けられたくなかったら、黙ってこの船の中を案内しな」
神楽~、カッコイイ!
なんて君はいい子なんだっ。

もうね、みんなして桂を愛してくれていて、私はとっても嬉しいんだよ。
みんな、ギュッとしたいよギュッと!

またEDがたまらないのよっ。
涙で視界がぼやけるよ…。
次週も楽しみです。
予告がまたゾクゾクと来ました~。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは~
マシュマロさんの感想を待ってました!
もう、詳しすぎて、本編見た後のような感動がフツフツとよみがえってきました。
桂さんは、死んでませんよね。
(あ~、言わないで、言わないで下さいね)
銀さん、新八、神楽ちゃん、エリー、みんなして、桂さんを信じてる思いが、ビンビン伝わってきて、感動でした。
にしても、あの似蔵って人、人間なの?
おかしいよね、腕斬られたのに・・・・・
来週もしっかりと見て、心に焼き付けます!
2007/06/02(土) 11:50 | URL | 晶 #-[ 編集]
来週以降も必見!
晶さん、こんにちは!
もうね、来週以降も必見!それしか言えませんっ!
紅桜篇、おもいっきり感動してくださいね。
私もずっと感動しっぱなしですわ。
2007/06/02(土) 13:37 | URL | マシュマロvv #MNKjXgPQ[ 編集]
ついに始まりましたね!アニメの紅桜篇。
エンディングが引き立つったらありゃしない!!

もう大興奮の30分でした。
エリーの中から出てきたあとの桂ってか石田さんにさらに期待したいですね☆
2007/06/02(土) 14:54 | URL | ゆいちょ #-[ 編集]
今日もコミックスを…
ゆいちょさん、こんにちは!
始まりましたね~紅桜篇!
桂がぁぁぁぁぁ!あ~ん石田さん…私待ってる。
今後のアニメでの展開が非常に楽しみですっ。
今日もまたアニメ紅桜篇第1話とコミックスを観返し、読み返しましたよ~。どっぷりと浸かりまくってます(笑)
2007/06/02(土) 15:42 | URL | マシュマロvv #MNKjXgPQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。