ようこそいらっしゃいませ♪営業してたりしてなかったりなブログですがよろしく。

1杯のアールグレイと・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JIN-仁-が来週で最終回ですね~。
昨日の第10話を観ました。
咲さんが健気で、泣けました。
綾瀬はるかさんが、凛としていてとっても良いです。
このドラマですごく好きになりました。可愛らしいよね♪
さて、最終回はどのように〆られるのでしょうか。
毎週楽しみにしていたので、終わってしまうと思うと残念だなぁ。
内野さんの坂本龍馬が観られなくなる…寂しい。

タイトルにもしましたが…
『青い文学』というアニメ、夏目漱石の“こころ”から録画して観始めました。
太宰治の“走れメロス”も面白かった。
挿入曲が、アニメ『魍魎の匣』と同じのを使用していて「え?」と思ったけど、美しい曲だし懐かしい気持ちにもなり、作品にググッと入り込んでいくカンジに囚われました。
スタッフは同じなのでしょうか?
画も美麗で良かったです。
そして、久しぶりに『魍魎の匣』をまた観たいと思った。
次回は“蜘蛛の糸”らしい。
えっと、放送は何曜日の深夜だっけ?
何かの特番で1週空いたのかな…
録画し忘れないようにしないと。
近代文学を読む人が少なくなったこの時代に、こうしてちょっと変わった趣向というか、アニメで作品を紹介するって形が斬新でいい。
私もつい、本屋さんに行った時に『走れメロス』を購入しちゃいました。
だけどその本が、ページがうまくカット出来ていなくてページを捲るたびにペリペリと嫌な感触が!
出版社に送って交換してもらおうかな。
これじゃあ気持ち良く読書出来ないよっ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。