ようこそいらっしゃいませ♪営業してたりしてなかったりなブログですがよろしく。

1杯のアールグレイと・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いや、チューはしてないんだけどね。

こないだのスクール革命!の“スペシャルライ部”は、知念くんと山田くん(と高地くん)で、NYC boysの『NYC』を披露してくれました。
可愛らしい歌ですねっ♪
今までサビの部分しか聴いたことがなかったので、今回(まぁそれでもフルコーラスではないけれど)歌詞つきで歌が聴けて、良かったです。
途中「NewYork City boys」ってフレーズが出てきて、フムフムなるほど~、NYC boysはそうとも取れるんですね~。

またさらに、
「Give Me, Give Me, Give Me, Kiss Me Baby.」
ってところがあって、山田くんが歌ってたんですが、その時の知念くんの振り付けがすごく可愛くて、思わずおかしな声を出してしまいそうになりました!
知念くんが、山田くんのほっぺにチューしそうなカンジでね。
ちょ、ちょっと!なんですかその萌えてしまいそうなダンスは~!
可愛い。可愛すぎる!
改めて、知念くんは横顔も可愛いんだなぁとつくづく思った私です(可愛いって言いすぎ?だって可愛いから仕方ないさ)

ちょっと、喉仏が出てきたね~知念くん。
ステキな成長です。だって男の子ですから!
可愛い中にもカッコ良さが出てきました。
知念くん、相変わらず睫毛、長っ!(変化するワケないんだけど)
大野くんとの対談で、大野くんにも
「知念くん、睫毛長いね」
って言われてるのを思い出しました。
知念くんのチャームポイントのひとつですね。

スポンサーサイト
今朝ニュースで知って、でもまだその時には
「現地では死亡説も流れている模様です」
って報道していたんだけど。
そしてそのニュースを見ながら私は、
「マイケル・ジャクソンならば、もし心停止してもまたすぐに復活するよ」
と、完全に思考が麻痺してしまっていました。
どこかで、現実ではないように捉えてたというか。
あまりにもスーパースターだったので、その人生はスキャンダルも多々あったけど、
もう存在が人間ばなれしていて、普通に“死”が彼のもとに訪れるなんて考えられなかったんです。
ホントに亡くなってしまったんですね…。

高校生の頃、マイケル・ジャクソンのアルバム【BAD】を買いました。
すごくカッコイイって感じたんだよ、あの当時、あのPVを観て。
歌もうまいし、なんと言ってもあのダンスがたまらなかった。
それからどんどん風貌が変わっていってしまって、どうしてそんなにも自分を変えてしまうんだろうって理解できませんでした。
だって十分ステキだったじゃないですか。
…どんな姿になっても、不思議な魅力がある人だったなぁ。

天国では、どうか心から安らいでほしいです。
ゆっくりと…。
ご冥福をお祈りします。
今日は桂のお誕生日ですね~。
おめでとう、桂~。
きっとエリーと党員に囲まれてワイワイと賑やかなお誕生日を迎えるはず。
それか、ちゃっかり万事屋にお邪魔して
「銀時、今日は俺の誕生日だぞ」
「あん?そんなの知らねぇよ、ヅラ~」
とか会話するかもしれない。
銀さんホントはちゃんと桂の誕生日だって分かってるのに素直じゃないからね。

と久しぶりにアニメオタク的な妄想に走ってみた。だって今日は桂のお誕生日だもの。

そうそう、アニメ銀魂。
やっと長編終わったな~。長かった。
はっきり言ってお通ちゃんとかどうでもよかった。
なんであんな何週にもわたって放送したのか理解出来なかった(私の愚痴だからスルーしてね)。
だってさ、去年は6月の銀魂、桂月間やってなかったっけ?
桂のお誕生月ってことで、桂をちょこちょこ出してくれてなかったかな。記憶違いかな~。
同じスタッフなのかな。それとももう桂ラバーなスタッフはよそへ行ってしまったのか!?

そんなカンジで悶々としながら、ここ数週間の銀魂観てました。
もっと桂をいっぱい登場させてほしいです。
そうすれば必然的に、石田彰な桂を観ることが出来るからね~。
あの冬のソナタがドラマCDになって私たちのところに戻ってきてくれました。
そそそそ、それも!チュンサンが石田さんだよ~!

私、ドラマの冬のソナタを何度も何度も観るくらいに好きでね。
何回観ても泣ける作品なのだ。
だからドラマCDになるって知って「どうなんだろうな~」って思ったけど、チュンサンが石田さんってなれば速攻“買い”ですよ(笑)

数日前に届いていましたが、先程ようやく聴きました。
うわぁ!ドラマCDでも泣ける。
うん、ドラマ版の冬のソナタを観たことのない方が聴いたらもしかしたら「泣ける」まではいかないのかもしれないけど。
CDを聴きながら、ドラマと同じBGMが流れてくると、ドラマのシーンが蘇ってきてウルウルッと来るんです。
途中、ドラマCDでは表現にちょっと無理があるかなって場面もなかったワケではないけど、それは声優さんたちの演技力で上手にカバーされてました。

この1枚目は、ドラマでは3話までをまとめたんですね。
ドラマは全20話だったかな?
つまり、ドラマCDは6,7枚で完結ってカンジでしょうか。
うっ、全部揃えるとなるとかなりの出費となりますが…買いますよ!
石田さんのカン・ジュンサンとイ・ミニョンの演じ分けも楽しみですし、なんと言っても石田さんボイスで甘いセリフをたくさん聴ける!

そうだなぁ、強いて言えば、エンディングで流れるテーマ曲がちょっと…。
どうして録り直しちゃったんでしょう。
ドラマと同じ韓国オリジナルにしてくれたらもっと良かったのにな~と、ちょっとソコだけが残念でした。
もうちょっとしっとりと歌ってほしかったです。

ま、何はともあれvol.2以降も楽しみです♪
今期ドラマ、私が視聴していたのはそれほどたくさんではなかったですが、残すところあとは
【臨場】と【BOSS】の最終回のみとなっております。
いや~、今期もドラマ観ました。
1年前の私は連ドラってほとんど観る機会がなかったのに。

今期で特に面白かったな~と思うのは、ダントツで【BOSS】です。
その中でも生瀬さんがゲスト出演した回が一番面白かった。
あとは、最終回ひとつ前の回。
そうだったのかぁぁぁぁ!ってカンジです。
最終回が楽しみ。どうやって終わるんだろう。
続編も作れるような終わり方するのかな~。
天海さん率いるチームがとっても良かったです。
あと、科学捜査班の女の人。カッコ良かった。
温水さんも面白かったしケンドーコバヤシさんの“女性的な表情”にも笑えました。

面白かったという言葉はあまり似つかわしくないかもしれないけど、【アイシテル~海容~】は考えさせられるドラマでした。
役者さんがみなさんとっても真剣に取り組んでいて、毎回観ながら泣きました。

あと、たまに観ていたドラマがある。
帯ドラマで昼間放送していた【ママはニューハーフ】です。
主演の金子昇さんが、すごい熱演されていました。
しぐさとか、口元とか、全体的に「外見は男性なんだけど、中身は女性」って雰囲気がよく出ていて、役作り大変だっただろうなと感心しました。
今週の金曜日が最終回らしい。
共演の嶋大輔さん(ニューハーフパブのママ役)や他の出演者のみなさんも含めて、お疲れ様でした。
帯ドラって収録がハンパなくキツイらしいですからね!
楽しいドラマをありがとうって言いたいです(時々しか観れなかったんだけどね…)
自分がヨンだと信じて生きてきてもう13年が経っていました。
過去のことは記憶に残っていないけれど、眠ってはうなされて、その夢の中では父上の
「お前は生き延びるのだ」
という声が響いたりして、こうしてヨンのずっと奥底では本当の自分が眠っているんだな~と、観ていて切なくなります。

ヨンはあんまり真面目ではなく、でも心根は優しくて、いい青年に成長しました!
育ててくれた父さんがまた、とってもいい人なんだ。
母さんに厳しくされると、「ヨン、いいから早く行きなさい」とかばってくれる。

でも、第4話ではとうとうヨンの“ギョム”としての記憶が少しずつ蘇ってくるんですね~。
それがね、その思い出し方がなんか、すごく可哀想なの。
イ・ジュンギさんの演技力ですね。グッとくる。
さらに、それに石田さんの声の演技がますますグググッと私たち視聴者の心を動かすんです。

記憶を完全に取り戻して、ヨンがギョムとして生活をしていたあの屋敷に赴き、梅の花をつけた枝を手に泣き崩れるシーンはたまらなかった。
観ていて泣きました。

「決して忘れないと誓ったのに…!13年間も!ようやく戻ってまいりました!父上っ!父上~っ…」
(この、石田さんの高貴にして悲しげな演技がまた、私をビービーと泣かせるのだ)

過去を忘れてしまっていたのはギョムのせいではないのに。
可哀想すぎる。
ヨンとして生活してからも何度も追われ、命を狙われて。
ホントに死にそうな状態になった時にはいつも、
「お前は生き延びなさい」
と、父上の声がヨン(ギョム)を救ってくれていたのですね。

続きは来週の月曜日までおあずけです!
待ち遠しいよ。
仕方がないので、1話から4話までをもう一度見直して、次の月曜日がやってくるのを待つとしようか。
先日の『スクール革命!』は、ものまね学でした。
コロッケさんと、もうひと方ものまね芸人の男性がゲストで、いろんなものまねを披露してくれました。

今回は、知念くんも八乙女くんもよく発言してくれたというか、いつも発言していても拾ってもらえないことが多いのかもしれないんだけど、どういうわけか今回の放送ではこのふたりの声がよく聞こえて嬉しかった。
よく考えたら、普段の放送とひとつ違う点があったんです。
アンタッチャブルの山崎さんが今回は欠席で、代わりにブラックマヨネーズのおふたりが生徒で参加していたんだよ。
そう!どうも山崎さんの存在が、せっかくのJUMPのメンバーの発言をかき消していたんだと、気付いてしまいました。
いや~、山崎さんもちゃんとみんなを盛り上げてくれる大事な役回りを負っているんでしょうけど、時に「ちょっとうるさいな」って感じてしまったりもするわけですよ、視聴者として。

それはそれ、今回は知念くんが2度ほどコロッケさんにムチャ振りをして可愛かったです。
知念くんのムチャ振りは、ムチャ振りって言っても可愛いムチャ振りなのだ(笑)

コロッケさんに、「後輩に敬語を使う近藤真彦さん」のマネをリクエストしたかと思えば、今度は
「僕ら(Hey!Say!JUMP)の歌を歌う北島三郎さんをやってほしい」と言ってみたり。
そのたびにコロッケさんが大ウケ。
「むずかしいな~」とか言いながら、ちゃんと知念くんのリクエストに答えてくれたコロッケさんはイイ人だ!

知念くんを観ていて毎回「可愛いな~」と感じるしぐさというか動きというかがあるんです。
“放課後ゲーム”で負けたチームは【放送できないような罰ゲーム】をパネルの裏で受けることになるのですが、その罰を与える人というのが毎回非常に個性的な方々でして。
大男だったりムチを持った女王様だったり、今回は特攻服に身を固めた“昔の”不良さんが現れて、
知念くんが同じチームの八乙女くんを盾にして、八乙女くんの後ろに隠れながら様子をうかがう。
そんな姿がすごく可愛いのだ。
小柄なだけに、庇護してあげたい衝動に駆られてしまう。

知念くんは、人前では泣かなかったり「お化け屋敷、全然怖くなんかないじゃん」って言ったりしてますけど、ホントはそれって強がりなのかな?とか思います。
小型犬が、本当は怖いんだけどソレを大型犬に悟られないように吠え立てるのと同じような心理、とでも申しましょうか。
可愛すぎます、知念くん。
でも、スクール革命!の時には本音が出てしまうらしい。
いっつも“罰を与える人”にビビッてるもん!
で、八乙女くんの腕にしがみつくような形で怖いって感情から解放されてるって図が、観ていて微笑ましいのです。

そんな細かいとこばかりを観ながらニヤニヤしてます。
人には見せられないような、デレデレ顔なんじゃないかと思います、私。
次の放送では山崎さん出演なんだろうな~…。
もうちょっと山崎さん、控えめになってもらえたらいい。
時々観る『レディース4』。
テレビ東京でずっと昔から放送しているオバチャン対象の情報番組なんですが、結構「へぇ、なるほど!」な内容だったりするんですよ~。

今日は、梅雨時のお洗濯&部屋干し法ってのをやってました。
洗濯王子こと中村祐一さんという方が、シーツの洗濯法や部屋干し法、バスタオルの洗濯法や部屋干し法、普段着のお洗濯の仕方、などなど紹介。
とくに、バスタオルの洗濯&干し方は早速実践しようと思いました。

お洗濯、私は基本液体洗剤と柔軟剤を使用して行っているんですが、梅雨の今、どうしても外に干せない日が増えますよね~。
すると、においがね…気になるんです。
洗剤に漂白剤をプラスするのは常識みたい!
私漂白剤って使ってなかったんだけど、使うことによってにおいの元になる雑菌を取り除けるというのだ。

なんか番組でいろいろ紹介しているんだけど、すべて覚えるのは無理!
きっとネット検索すれば、この洗濯王子のサイトとかありますよね。そんな気がする。
検索して、勉強したいと思います。
みなさんもよろしかったら是非~♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。