ようこそいらっしゃいませ♪営業してたりしてなかったりなブログですがよろしく。

1杯のアールグレイと・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は朝からバタバタと忙しい。
というのも、ギリギリまで大掃除なるものを怠っていたからです(自業自得さ)
午前中お掃除をして、午後からはお料理。
明日の朝にお赤飯を作ろうと思って、その下ごしらえなんぞをし、
「おしるこ食べたい」って家族が言うからおしるこも作ってさ。
ちょっと待てぃ!
まだ私、お煮しめ作ってない。
というか、昨日里芋買いに行ったら売り切れで、その後買いに行ってないよ!
まぁいっか、めんどくさいから里芋の代わりにじゃが芋でも(え)
と、私はこのような“いい加減人間”なのであります。
こんな私ではありますが、今年1年も皆様には大変お世話になりました。
ありがとうございました~。

今年一年を振り返ってみますと、新年早々からイベントに参加して石田さんのステキなお姿を拝見したんだよなぁ←ナイトヘッドのヤツ(幸せな一年の始まり)
孫イベにも参加できて、なんとも充実した時間でした。
そして私と同じ石田さんファンであるたくさんの方々と、ネット上で仲良しになっていただいたりですね。
桂を通して仲良しになって、一緒に遊んでいただいたお友達もいますし。
試練を感じる出来事もなかったわけではないけれど、楽しくて嬉しい出来事がそれらを上回っていた、良い年だったよ。

2008年もまた、素晴らしき年となりますように。
これからもどうかよろしくお願いします。
また年が明けたら新年の挨拶するけどね(笑)
とりあえず、今年の締めくくり。

さてさて、これからまたご飯作りですよ(今日は何か作ってばっかりだ)
年越しそばの他に、細巻と太巻も作る予定。
紅白には興味ないから、そうだな、ご飯作りながらイヤホンつけて石田さんのステキな声聴き捲ろうかなvv

良いお年を~。



スポンサーサイト
こないだ本屋さんに行ったら『The MANZAI 4』の文庫本発見!
出てからもう随分経つのかもしれないけど、私は知らなかったので飛びつきましたよっ。
まだ読んでいませんが、お正月に読もうと思ってます。

さてさて、原作が出たと言うならば、次はドラマCDの番でしょう!
まだそのようなお話は出てませんか?
「ドラマCD“The MANZAI 4”出ます」って話は…。
私がしばらくの間ネットからおさらばしていた間に実はそういう嬉しい情報がすでにあった、とかなんとか。

4もすごく面白いらしいじゃないですか!(読んだという方がブログでそのような感想を書かれていた)
あさのあつこさんも、石田さんの歩と中井さんの秋本を気に入っておいでだと思うので、ホント是非4もドラマCDに!


話は変わって、今私が悩んでいること。
今年の締めくくりにどの石田さんを聴こうかな。
そして新年迎えたらどの石田さんで祝おうか。
みなさんは、どうなさいます?
出来ることなら石田さんのCD(私の持っているの)すべて順番に聴き倒したいよ!
今更この作品かよ!って話なんですけど。
先日レンタルしてきた“ICE”の2巻3巻をようやく観終わりましたが、微妙でした。

ネットで試聴した第1話が一番おもしろかったかな…第3話なんてジュリアすぐに出番なくなっちゃうし、アイドルのみなさん(特に主役級ポジションキャラ)は頭痛くなるほどの、ある意味“スゴイ”アフレコだし、はっきりいってマジ有り得ないって。
レンタル料金が80円だったから、まぁいいんですけどね。

ストーリーも、よく理解出来なかったよ私(爆)
最後、なぜ“あの人”は妊娠してたの?←ジュリア出なくなった時点でちゃんと観てもいなかったから、尚更解らなくなってしまった(ちゃんと観ろよ)

なんか借りるまでもなかったかな。石田さんがご出演だったから観ただけです、ホントに。
あ、皆川さんはカッコよかった。

アイドルさんを使うのならば、もうちょっと可愛らしい(内容も判りやすい)作品で、アイドルだけで作ればいいよ。
プロの声優さんと一緒にやらせないでほしい。
それに音楽プロデューサーのAさんは、音楽だけプロデュースしてればいいんじゃない?
アイドルの子たちが悪いんじゃないよ。
制作側がもっとその辺をしっかりと弁えるべきだ。
このDVDはどれだけ売れたんだろうか…
声優さんだけでちゃんと制作すればもっと違っていたかもしれないってのに、すごく残念でなりません。
アニメ銀魂(桂登場しない回)の簡単な感想を先日珍しく記事にしましたが、私だけではなかったらしい。
ミツバ篇の土方とか真選組とかってやっぱりカッコよかったんだね。
友達のところで久々に土方絵を観て、そう思った。
まぁアレだ。私はたぶん、これで桂が出てこない回の感想をアップすることはないだろうけど。

と思ったんだけど、12月25日に発売したWJの合併号での銀魂笑った。
おもしろかったです。笑いの中に修行アリ、もとい、笑いの中にほのぼのあり、な銀魂でしたね。
でもね、昨日大好きなサイト様のところで目にした一言に、激しく萌えてしまったの!

「銀さん、桂の写真は枕の下に入れてあるんだよね」

銀桂派にはたまらない一言でありました(笑)
桂が出てこなくても、こうして妄想でほんわか気分(またはドキドキ感)を味わえるのも、ステキvv
うちのブログペットのコタロー。
口癖が「○○ギリギリ」って語尾によく“ギリギリ”って付けるのがかれこれ5ヶ月ぐらいの間。

それはさておき、本日のコタロー第一声がですね…

「石田のことなんか判んない」

コ、コタロー…
さらに次の言葉が、

「桂ギリギリ」

ヤキモチですか?コタロー(笑)
桂は君の名の由来にあたる人。
“ギリギリ”なんかじゃないでしょ?
それに、石田さんのことは判るでしょ!
石田彰さんだよ。彰、アキラ、たまに友達と「アキラン」とも呼んでるけども(テヘッ)

コタロー、マジでカワイイYO


あ、そうそう。
ゆうべ28日のうちに、ブログペットの背景を時期に合わせて変更してみました。
鏡開きまでコレでいきます。
あぁ、大掃除どうしよう(お片付け大嫌い~)
洗車もしなきゃなぁ(前洗車したのはいつだったっけ)
自分の嫌なことは後回しにしてしまう私はダメなオトナ…

さてさて、ゲームソフトの棚でも整理しましょうかと取り掛かったところ、今まで気にならなかったことが急に気になり始めた。
というか、よく判らないことがあるんですよ。

ゲームソフトのジャケット背表紙に表示されている【CERO】の基準ってどうなってるんですかね。
いや、年齢制限をしているってことは判っているんだけどさ。

今こうして記事を打っている手元には、まだ未開封のPS2『アラビアンズ・ロスト』と『幕末恋華・花柳剣士伝』があるんだけども、それぞれの【CERO】を見ると、『アラビアンズ・ロスト』は“B”で『花柳剣士伝』は“C”。
えーーーーー!?
アラロスよりも花柳剣士伝の方が対象年齢上なの?
つ、つまり花柳剣士伝の方がアラロスよりも“オトナ”なゲームってことなのか?
どっちもプレイしてみていないから私にはさっぱり判りませんが、アレですかね。
たとえ恋愛の表現がそれほどハードでなくても“死ネタ”が含まれると【CERO】のアルファベットが進むとか…?

よく判らないので、あとで【CERO】について検索してみようと思います。
ってか早く未プレイゲームやらなきゃ…。いや、やりたい!
しかし明日から家族が年末年始休暇突入じゃー!
お掃除とかしないでゲームやってたら、嫌味いっぱい言われちゃうから出来ないや(当然といえば当然だよね)
早くお正月休み終わらないかな~(まだ年明けてもいないのに、私って…)
あぁ、ミツバさん…。
ミツバ篇は悲しいストーリーなんだけど、真選組の絆の深さだとか、沖田の気持ち、土方の想い、近藤さんの温かさなど、すごくよく解っていいお話だ思います。
でもやっぱり、死んでしまうのは哀しい。
ミツバさんと沖田ってホントそっくりな顔立ちで。
私、原作ではじっくりと読んでなかったらしい。
今日アニメ観終わって、原作でよりもすごく真選組に(初めて)共感できたような気がしましたよ。
え?遅杉ですか?
いやいやいや、私が真選組メインのストーリーでこうして記事をアップすることって、たぶん恐らく今回が最後だと思うよ(爆)
とか言って、真選組動乱篇も、アニメになったら感動するんだったりしてね~。
先のことなど判りません!

新年1月10日からアニメ銀魂再開ですね。
やったーーーーー!桂と九ちゃん登場ですよ!
石田さん、今度はラップですかっ。ノリノリでやってくださいますか!
楽しみ~。
そしてあの、フルーツポンチ侍&フルーツチ○ポ侍以来の桂と近藤の掛け合いが楽しめますね。
早く来い来い、1月10日♪
20071226235717
ちょっとコレはマズイでしょ!
私を萌え死なす気か!?

以上、本日届いた銀魂シーズン其ノ弐06のジャケットを見ての感想でした。

まだ中身観てないけど、桂石田さんの“モグラ親子”が聴ける観られる♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。