ようこそいらっしゃいませ♪営業してたりしてなかったりなブログですがよろしく。

1杯のアールグレイと・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日『萌え属性把握バトン』をいただいた靄美さんからまたまたバトンを頂戴しました。
バトンの名前はなんだろ。『あいうえおバトン』?『五十音バトン』?
……とにかくいってみよう!

●ルール●
五十音を『あ』から『ん』まで一番最初に思いついたものを書いてください。
恥ずかしがろうが変更なしです。

○注意書き○←独断で「この注意書きはスルーしちゃって構わないよ~」と一言付け加えておきます♪
これを見たあなたは絶対やってください。
長いとか、めんどくさいだとか駄々をこねることは許されません。
責任を持って一人の人にバトンを回してください。


あ…アスラン
い…石田彰さん
う…運命
え…越前リョーマ
お…王子


か…桂小太郎(ヅラじゃない。桂だっっ!)
き…切っ先
く…九郎
け…決断
こ…声ヲタ


さ…桜乃ちゃん
し…シンちゃん
す…寸止め
せ…青学
そ…総帥


た…断ち切るっ!
ち…緻密
つ…つばめ返し
て…テニスの王子様
と…討伐


な…ナオジ・石月
に…日記(それも“ジョエルの日記”)
ぬ…抜き手
ね…ネット
の…望美(遙か3ヒロイン)


は…遙かなる時空の中でシリーズ(私は特に3が好き)
ひ…秘密
ふ…不二周助
へ…返信
ほ…放心状態


ま…マイネリーベ
み…観月はじめ
む…無心
め…メランコリック
も…萌え~


や…大和魂
ゆ…勇気
よ…邪


ら…ラルフ
り…リズヴァーン
る…ルーイ
れ…連打
ろ…ローズヒップ


わ…若武者
を…ヲタ
ん…んふっ(観月はじめ)


【おまけ】

が…ガラスの艦隊(ちなみに“ヴ”…ヴェッティ様vv)
ぎ…銀魂(はまってます)
ぐ…軍曹
げ…下郎
ご…傲慢


ざ…残像
じ…ジョエル
ず…杜撰
ぜ…是が非でも
ぞ…存分に


だ…奪取
ぢ…○○ぢから
づ…○○づくし
で…伝説
ど…首領パッチくん


ば…薔薇
び…美人
ぶ…BLOOD+
べ…ベテラン
ぼ…ボボボーボ・ボーボボ



はぁ、やってみたら案外パッと出てこないもんだな…
もっとこう、笑えるものが浮かべばいいんですけどね。
浮かんでも「それは載せられねぇ(汗)」みたいな語彙もかなりありました(シークレットシークレット/笑)
調子に乗って【おまけ】の濁音も載せておきました~(自己満足です)。

どなたか興味を持たれた方は、お持ち帰りくださいね。
コメントを残していってくださったら嬉しいです。
サイトが判れば遊びに伺います♪

靄美さん、今回も楽しいバトンをありがとうございました~。


スポンサーサイト
久しぶりに図書館に行ってきました。
地元の図書館には漫画が結構いろいろと揃っているんですよ。
対象は小中学生なんだろうね、やっぱり。
私が読みたい!借りたい!と思うような漫画は置いてなかった;

仕方がないので、小説の棚を見て回ることに…
数年前はしょっちゅう図書館を訪れては、小説を「借り捲り読み捲り」な日々を送ってました(忘れかけてた)。
で、今回は小池真理子の『青山娼館』を借りてきました。
小池真理子の作品は、その図書館に置いてあるものは読破していましたが、それも何年も前の話だもんね。
『青山娼館』…娼館というだけあってアレです、「からだを売る」って内容。登場人物それぞれに事情があるのですが、今まだ読み始めだからそれがどんなワケなのか判らな~い。

小池作品って性描写も結構リアルっていうか、なかなかのものなんですけど、私はとても読みやすい。
一番初めに読んだ小池作品は『恋』でした。
これも面白かったな~。
直木賞を受賞した本じゃなかったかな…以前新聞の読書欄で“過去の直木賞受賞作品”ってところで見つけて、借りて読んだように記憶している。
面白くて切なくてとても気に入って、その後古本屋で買って、友達に貸して…
あれっ?そう言えばまだ返してもらってないな。
もう2年も前だ、貸してから(汗)

いよいよ夏本番となるけど、きっと夏もあっという間に過ぎていくよね。
すると秋か~。
読書の秋?
今度の秋は、漫画と同時進行で小説もいっぱい読みたいです(漫画は外せない!)。
今日はお昼過ぎから『ブレイブストーリー』を観に行きました。
以前予告編を観て「あ、これ面白そうだな」と思ったのもそうなんですが…。

私が映画館にまで足を運んで高い鑑賞券を払ってまで観ようと思ったほんとの理由は…
石田さんがご出演しているって知ったから~(爆)
はい。チョイ役だってのも知ってましたよ。
小学生の、それも“大柄ででっぷりとしたいじめっ子”だってのもね!
それでもいいのさ~。
石田さんは、どんな役どころだって一生懸命役作りをする方。
今回の役柄も、力いっぱい演じてらっしゃいましたよ♪
一緒に連れて行った姪っ子も「はっっ!これって、はじめちゃん(観月はじめ)の声だよね」とビックリしておりました。
姪っ子には私、ささやかながら嘘をこきました(笑)
「あ、やっぱりそうだよね!」←白々しく驚いてみせる私
実は始めから知ってて観に来たんだけどね
石田さんはあっという間に出番がなくなってしまったけど…

本編もなかなか面白かったです!
松たか子さんのワタル、可愛かったなぁvv
別のブログでも書いたんですが、空や雲の絵がとても綺麗でした。
って、本編についてはそれだけかよっっ(汗)
銀魂DVD1&特典ドラマCD。
DVDはもちろんですが、CD、すごく面白かったです!
これは聴いて損はありませんよ。いや、聴かなきゃ損です!!!
また例の如く車を運転しながら聴いておりました。
ひとりで乗っていたのに、よその車の人の目を気にすることなく大笑いしてしまいました。
もう、ココまで来ると羞恥心なんて皆無だね(笑)
いいじゃん!おかしいんだもん。大笑いするのって大事だっていうでしょ?

この特典ドラマCDのタイトルは『銀さんのオールナイト大江戸!』
タイトルのとおり、ラジオ番組形式なんです。
パーソナリティーは、よろず屋のお三方。
途中イロイロなCMが入ります。
そのCMがまた面白いんだ!
銀魂に登場する様々なキャラたちがそれぞれのイメージにあった商品を宣伝しております。
詳しくはお教えできません!ご自分で聴いて確かめてくださいっ。
今ならまだ、完全生産限定版をGETできると思いますよ?(と宣伝してみたりする/笑)

あ~、そういえば。
昨日(日が変わってるからおとといになるか)AmazonさんでDVD3を予約しようと検索してみたら、まだ予約受付始まっていなかった;
どこを探してもまだっぽいんですが…
私がせっかちなだけ???

第16話はかなり大事な内容となっております。
今日はちょっと時間がないので詳しくは書きませんが…
これだけは言いたい!!!

シンちゃんが可愛いぃぃぃぃぃ

今回はシンの出番も台詞も多かったです。
録画してたのを何度も何度も戻して繰り返し石田さんの可愛い声(笑い声も含まれますっ)を堪能しましたよぉ。
もう、どうしたらそんな可愛い声が出せるんだ!
シンの“綺麗で可愛いのにサラッとすごいことを言ってのける”ところが見事にツボです。

[NANA第16話]の続きを読む
わ~い!やったぁぁぁ!
今日、私のところにも銀魂DVD1の限定版がやってきました~。
「私のところにもようやく可愛い赤ちゃんが…」と泣いて喜んだダンボのお母さんジャンボの気持ちが解るような気がする(って、わかりづらっ)←え。ヅラ???…重症です

早速開封してみると、こ、これはっっ!!!
なんかとってもかっこいい仕様なんですけど!
ドラマCDも付いております。
実はこれが一番欲しかったんだよね(笑)
まだ聴いてないのでその感想はここでは述べることは出来ませんが(だって今さっき開封したばかり)、こちらもとても楽しみですvv
DVDは全12巻だそうで、これから月1ペースでリリースされるみたいですね。
2も既に予約済み。
きっとAmazonさんでももう3の予約受付始まっていることだろう。
早く限定版を予約せねば~。
パッケージの絵を見ると、1は銀さんなので、2は新八、3は神楽で、4あたりで桂って流れかな(ドキドキ)
ちゃんと全巻買い揃えますよ。たとえお金が掛かってもね、頑張りますよ!(何を頑張るのやら)

あぁ、私の趣味の棚を整頓しないと…また家族に何言われるか知れない;
整理整頓が大の苦手な人間なんだよ~。
けど趣味のものにはお金掛けちゃって、物が増える一方なんだよぉ!
とかいって、いらなくなった物などあるわけがない(爆)
だから片付くわけもない(汗)
せいぜい棚から溢れんばかりのものたちをちゃんと綺麗に(なかば無理やりに)収めるくらいだな、私に出来るのは(笑)

いや~、いつも火曜日には晩ご飯の用意を早めに済ませてゆっくり座って『銀魂』を観たいな~とは思っているんですけど…。
今日もまた、キッチンからチラ観状態でした;
あとでゆっくり観直そうと、いつも録画しています。
今回もまた後程観ようと思っています。
でも、これだけは言わせてください!
以下、ちょいネタバレ~。
[今日の銀魂~♪]の続きを読む
今日は先日レンタルした『アタックナンバーハーフ』というタイ映画を観ました。
これってタイトルを見たらお分かりのように、あの『アタックナンバーワン』をもじっているといいますか…。
勘のよろしい方は既にピンと来てますね?
バレーボールのチームメンバーが、ひとりを除きみんな戸籍上は男性、だけど心は女性(ひとり性転換した人物あり)なんです。
コメディータッチでしたが、実話に基づいて制作された映画なんだそうです。
差別の目で見られたり気持ち悪がられたりその風貌が理解されなかったり、みんなそれぞれに悩みを抱えた人たちですが、バレーの監督(こちらは女性なんだけど心は男性、らしい)がとても温かく素敵な人で、みんなが徐々に人間的に成長もしていきます。
今日は吹き替えで観ましたが、まだ数日レンタルしていても平気なので、今度は字幕で観てみようかと思います。
役者さんたち、ストレートの方たちが映画のためにゲイらしい表情やしぐさを特訓したんだそうです。
観ていながら「おや?この人たちはみなさん、ほんとにゲイなのかな」と思わせるような見事な演技でしたよ!
なかなか面白い映画でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。