ようこそいらっしゃいませ♪営業してたりしてなかったりなブログですがよろしく。

1杯のアールグレイと・・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆうべテレビで放送されたのを観ました。
泣いたぁ!
そして私の、我が家の犬に対する態度を振り返ってみた…。
ごめん!
もっと一緒に遊んであげなきゃ!
うちの犬も推定年齢7歳。
ホント大事に可愛がってあげようと改めて思ったのでした。

『犬と私の10の約束』
とてもいい映画でした。
スポンサーサイト
『ストレンヂア~無皇刃譚~』観ました~♪
まず作品全体の感想。
凄かった!
作画が丁寧で美しく、動きがなんとも素晴らしい。
これは大スクリーンで観てみたかったです。
我が家のテレビでも大迫力ってカンジだったので、劇場で観られたらどんなに良かったか…。
面白かったです。
殺陣シーンも凄かったけど、やっぱり人と人との関わり場面に心打たれました。
あと、仔太郎と忠犬飛丸が可愛くてたまらなかったよ!

そうです、そうですよ、仔太郎が知念くん演じた少年です。
映画の一番最初が、仔太郎とお坊さんが追われて逃げているシーンでして。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ…」って走っている息遣い。
知念くん、すごく上手い!
仔太郎はちょっと意地っ張りで口調が強気だったりするのですが、声を張り上げるところと気落ちしてシュンとした声をするところと、飛丸と楽しく遊んでいるところと、あと、まだまだいっぱいいろんな仔太郎を、実にうまく演技し分けてました。
子役の、純粋で聡明な演技。
このころの知念くんはまだ声が少し高めで、仔太郎の実年齢(ってどのくらいの設定か判らないけど)にピッタリな声で可愛かったです。
ホントたくさんの才能を持っているスーパーボーイなんだな~と、改めて思った。
これからますます伸びていきますね、知念くん。
今後もいろんなところで知念くんがお仕事してくれるんじゃないかと、楽しみが私の中で膨張して破裂しそうだ!

『ストレンヂア』、まだ暫く借りていられるので、明日もう一度観ようと思っています。
公式HPで吉田戦車さんがコメント残されていて(←これがものすごく長い!)、それを読むと「私も何度も観直したい!」って気持ちになります。
そうでなくても少なくとも2回は観るつもりでいたんだけどね(笑)

昨日の朝に入力した内容を削除してしまったんです。
今日公開の映画、『P.S.アイラヴユー』について。というか、それに出演しているハリー・コニックJr.について、ちょこっと記事にしていたんだけどね。
途中から自信がなくなってきちゃって。
めざましテレビで紹介していた時にチラッと、たしかにアレはハリー・コニックJr.だったように見えたから、嬉しくて慌てて記事にしたものの、果たして本当にそうだったのかと。
ちゃんと確認もせずに、記事にしてもいいのか!?と気になってきて、サクッと消去したのであった。
しかし、アクセス解析を見てみると、“P.S.アイラヴユー”とか“ハリー・コニックJr.”でこのブログに来て下さっている方もいらして、なのに肝心なその記事が無いというのは失礼だろうとも考え、検索しました。

やっぱりそうでした~。
ハリー・コニックJr.はダニエルという役でご出演だそうです。
うん、やっぱり私、この映画いつか必ず観るよ!
昨日の朝も言ったけど、劇場まで観に行くかどうかはちょっと…。
でもレンタルが始まったらきっと観ます。
ハリー・コニックJr.懐かしいな(脇役だけど、たぶん重要な役どころ!)
こういうハートフルストーリーも、いいよね~。
20080330101154
昨日のタイタニック【後編】。
【前編】のダイジェストも含めて石田さんのジャックを丸々堪能できましたね~。
涙するシーンばかりで目の周りが痛くなってしまった。
石田さんのジャック、ほんと素敵でしたね。
なんかジャックと石田さんが重なってしまって尚更泣けてしまいました。
ローズはジャックとの約束を守ったんだね。
「必ず生き残るんだ。どんなに希望が薄くても、決して諦めないと約束してくれ」
あー、思い出しただけでもウルッとしてきますよ。
石田さんも、他の方々も、素晴らしかったです。

ディカプリオの吹替えみんな石田さんがしてくださったら嬉しいのにな。
せめて日テレ系ではディカプリオ=石田彰という形に決めてほしいです。
『キャッチ ミー イフ ユー キャン』とか、年明けの深夜に字幕で放映された『アビエイター』とか、石田さんの吹替えで観たいディカプリオ作品がたくさんあるよ!
これは日テレさんにお願いし捲りでしょ。
セル・レンタルDVDでは違う声優さんがあてていらっしゃいますが(もちろんその方もとてもお上手だし合っているとは思いますが)、石田さんファンとしてはやはり、石田さんの吹替えで観たいのだ!

昨日のタイタニックの終わりに流れた、私たちにとって非常に嬉しくて誇らしい画面。
きっと他の方々も載せたでしょうね。
私も記念に載せました~♪
"声の出演 ジャック [レオナルド・ディカプリオ] 石田 彰"
なんて素敵な光景vv
人って興奮してるとなかなか眠りにつけないものなのね~。
ゆうべのタイタニック。
石田さんのジャック!
最初の30分は“現在”で、年老いたローズが登場して84年前を振り返ることで始まったタイタニックだけど、
ジャックが登場して声を発した瞬間、家族が一緒に観ているのも構わず私は「ヒャァ~vvvvv」と声を上げてしまった。
たまらなく素敵で、その声が約2時間もずっと…。
石田さんの声っっっ!
コーフンしっぱなしさ。
もういろんな声だもん。
ラブシーンまでぇぇぇぇぇ!(ゴチソウサマデシタ!)
これがコーフンしないでいられようか、いや、ムリ。ムリムリ!
タイタニックはビデオもそしてDVDも買って持っている。何度も観てるし結末は当然知っている、判ってる。
でも、昨日石田さんのジャックに聞き惚れようと、そりゃもう集中してTVに齧り付き状態で観てましたが、
改めて観て思った。
この『タイタニック』、いろいろな部分で伏線引いているんですね。
観てて切なくなったよ。
ジャックとローズとの運命的な出会い。
昨日は最後のシーンまでは、ふたりの幸せな時間が流れていたけど。
今日は、タイタニック【後編】は、すべてが救われない気持ちのままに進んでいくんですね…。
あぁ、ジャックが。石田さんが!
ここまで石田さんの声がジャックにジャストフィットしていたとは!
というか、石田さんやはり巧い。
今更何言ってるの?と言われそうだけど、言わずにはいられない。
石田さんの演技が巧みだから尚更、切ない気持ちも倍増なんだ。
今日の【後編】を観るのがツライです。
いや、観るけどね。
ビービー泣いちゃうと思います。
家族の前で泣くのはちょっとアレなんですが、そんなこと言ってられない!
本日も夜9時からはTVに釘付け。
そして、今晩もまた、コーフンしてなかなか眠れないんだろうな~。
お正月に『アビエイター』を放送してたので録画しました。
字幕だったけどね。
別にディカプリオが好きとかそういうこともないんだけど。
でも、ちょっと観てみたいって思ってた映画ではあったんだ。

で、先日ソレを観ました。
すごく長かったー!
3時間近くあるのね。
主人公のハワード・ヒューズ(ディカプリオ)についてまるで知識がないまま観たのでちょっとアレだったんですが、キャサリン・ヘプバーンが恋人だったんだね~。
別れてしまったんだけれども、ヒューズにとってヘプバーンはものすごく大きな存在だったんだなって思いました。
だって、ヘプバーンがヒューズの許を去ってから、どんどんヒューズは精神を病んでいったみたいな演出だったよこの映画。

ずっとバックにジャズが流れているのが小気味よくて、なかなか良かったです。
ちょっと間延びするような感じもしたけどね。
なんと言っても、主役がディカプリオですよ?
ディカプリオと言ったら、テレビ放送での吹替えは石田さんなんじゃないの?
いくつか吹替えなさってますよねディカプリオの作品。
『タイタニック』とか『ザ・ビーチ』とかそうでしたよね。

この『アビエイター』、DVDでの吹替えがどなただったかは判らないけど、テレビで吹替え放送するんだったらぜひ石田さんに吹替えしてもらいたいなぁ。
今回字幕で観ながら、脳内では石田さんの声に変換。
そりゃもう忙しかったですよー。
約3時間、私の脳はよく頑張った(笑)

最近字幕映画ってほとんど観てなかったから、正直疲れました。
実はいくつか最後まで読まないうちに字幕が切り替わってしまった場面があったりもして(汗)
次はぜひ、石田さんの吹替えで放送していただきたい。
別にディカプリオに限らず、主役級(つまり台詞たくさんある役)の役者さんを担当してもらいたいよね、石田さんには。
石田彰ファンには、そりゃもうたまらない作品になるもんね。
また『タイタニック』とか『スターウォーズ』とか放送しないかな~。
『リプリー』でもいいや。
とにかく、石田さんの声がいっぱい聴ける映画が観たいです!(ココ大事ですよ~)
「え、今頃?」って声が聴こえてきそうだ。
そう、私もやっと劇場版BLEACHを観に行くことができました!
11月の頃は、観に行けないんじゃないかなぁと諦めていたんだけどね、もう我慢するのはやめたんだ私。

映画の内容についてはそれこそ“今更”な話でしょうから詳しくは言わないけどね。
石田さんの演技が巧すぎるYO!
上手いってのよりも巧いって方がピッタリだと思うよ。
もう、なんて言えばいいの?
草冠の台詞ひとつひとつをちゃんと言い分けているっていうか、観てて息をするのも瞬きするのも惜しいくらいに、聴き入りたい魅入りたいってカンジなんです。

近くにカップルが一組座っていたんですけど、その彼の方がね、草冠の場面観ていて息を呑むのが分かったよ!
明らかに、石田さんの演技に吸い込まれているって感じ。
彼女の方は私の席よりもちょっと離れていたので分からなかったんですが、少なくとも彼はアレだな。
石田彰に惚れたね。
男をも魅了する石田さんの演技力!
もちろん、私もメロメロでしたよっ。

「笑止!ハッハハハハハハハ」

あぁ、草冠カッコイイ。
狂気を含んだあの笑いでさえも、素敵だ。

やっぱり大きなスクリーンでちゃんとした音響のもと聴く石田さんは極上ですね~。
最後、草冠は何を言おうとしていたのかな…すごく切なかったよね。
DVD、予約しちゃうかもしれません。
いや、買うよ。うん、間違いなく買うわ。

さすがにすごくすいていた劇場でした。
小学生の少年たちとか家族連れとかいたけど、みんなすごく静か~に観てたし席もそれぞれ離れていたし、ゆっくりゆったりと観られてよかったです。
原作、アニメともにNANAにはまっている私ですから、実写版NANAも気になります。

NANAの映画一作目もまだ観ていませんが、このNANA2、前回とキャスティングが大幅に変更されるなどある意味話題性に富んでいるような…。
大崎ナナは中島美嘉さん続投ということですが、今度のシン役の少年は実写版テニスの王子様の越前リョーマを演じた子ではありませんかぁぁぁ!
本郷奏多くんという名前だよね。
先日制作報告会見が行われたそうで、その模様をネットの記事で読みました。
写真も掲載されていて、本郷くんのシンちゃん、なかなかスゴイです。

本郷くんはまだ、高校1年生とかいうではないですか。
その“口ピ”はまさか、ほんとに開けたんじゃないよね…いくら仕事とはいえ、少年の口にピアスを開けさせるなんて事務所が許さないだろう。
とは思いつつ、ネット上での写真ではよく見えない。
口ピがほんものなのかどうなのか~。
おばちゃんは心配だよ…。だって可愛らしい顔つきの俳優さんだもん。そんなキズをつけてしまってはいけないと思うんだ。
そして、髪。
これはどうだろう。
すごい色してんですけどっっ。アニメのシンちゃんみたいな髪の色です(あ、アニメでは水色か。じゃー違う。こっちは白に近い金髪)
地毛???それとも別物???
スタイルは原作のシンに近いのではないかと思いますね。
まだ成長過程の少年っぽい華奢な体つき。
シンっぽくていい感じです。
顔は…シンはハーフ?
本郷くんはそうではないだろうけど、可愛いからいいよ(え)

NANA2、どんな話になるのだろうか。
前作をとりあえずレンタルして観てみようかと考え中。
制作発表のみなさんを見ると、なんか“コスプレ”っぽく思えてしまうのは原作が漫画だからか?
前作の時よりも若干中島美嘉さんが年取ったように見えるのは気のせいかな。
ちょっと顔がふっくらとした?よく分からないけど。
映画、出来上がるのが楽しみです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。